ラジオ体操第1-8

1-8:胸を上下に伸ばす運動

ラジオ体操第1のワンポイントレッスンのとして、腕を上下に伸ばす運動のパートについて詳しく解説します。

ねらい 1つ1つの動作を力を込めて行うことで、素早さと力強さを身につける

  • かかとを下ろしながら、腕を素早く曲げて胸をしっかりと張り、指先が肩に触れる
  • かかとを上げながら、反応力・瞬発力を高めるために腕は素早く、手先を真上に伸ばす
  • 反応力・瞬発力を高めるために腕を下ろす時は素早く、手先は体の近く通るように真下に伸ばす
Point 腕を曲げるときには胸をしっかりと張り、伸ばすときには体全体をよく伸ばすように、素早くきびきびと動く。

ラジオ体操第1-7

1-7:体をねじる運動

ラジオ体操第1のワンポイントレッスンのとして、体をねじる運動のパートについて詳しく解説します。

ねらい 腕の重さを利用しながら腕を振り、良い姿勢で体をねじることで腰回りの筋肉を伸展させ、背骨を柔軟に保つ

  • 下半身をしっかり固定させたまま、ひざを緩めずかかともつけたまま
  • 小さく腕を体に巻きつけてねじるときは、顔は真後ろに向くように大きくねじります。

    後ろ

  • 大きく斜め上後ろに手を振るときは、顔で指先を見るように
Point 下半身を固定し、ウエストを中心に体をねじる。
毎回後ろを見るように、首も一緒に体をねじる。

ラジオ体操第1-6

1-6:体を前後に曲げる運動

ラジオ体操第1のワンポイントレッスンのとして、体を前後に曲げる運動のパートについて詳しく解説します。

ねらい 上体の力を抜いて弾みをつけながら前屈、両手で腰を押し出すように後屈させ、背骨を柔軟に保つ

  • 前屈では首の力を抜き、小→中→大と強弱をつけ段階的に深く曲げます
  • 前屈から後屈に移行する間は、気をつけの姿勢をとる
  • 後屈は両手で腰の後ろから押し出して、天井を見る
Point 呼吸を止めない。
ひざを曲げない。
力を抜いて脚の間から後ろを見るように前屈する。